コンサルタントとは

コンサルタントは、企業経営などについて相談を受け、診断・助言・指導を行うことを職業としている専門家の事を指しますが、あくので一つの職務体系であって、種類もタイプも様々です。かんたんに説明すれば、「〇〇〇コンサルタント」の〇〇〇の部分を専門として、助言する人と理解することになります。一般的に、名前が知れている「経営コンサルタント」のように、国家資格を持ってコンサルタントとして仕事を請け負っている場合でも、資格も色々ある場合もあります。「経営コンサルタント」という資格がある訳ではなく、例えば、行政書士の資格を持っていて、企業支援や会社設立手続きなどで、「経営コンサルタント」と言っている場合もあります。そのため、どういう切り口で対応して欲しいかの希望が明確にあると、「経営コンサルタント」という肩書があったとしても、どのタイプのコンサルタントに依頼するかは依頼してみない分からないとという部分の懸念が少しあります。ただし、どの切り口から企業改革をみるかは違っていたとしても、目的は経営改革である以上、結果自体は出るので目線の違いは問題かと思います。また違う角度から見直すことで、立体的に自社を把握できるという利点が功を奏す場合もあります。資格自体も国家資格以外にも、公的資格や民間資格の中にも、コンサルタントと名のつくものも存在しています。またコンサルタントは国家資格がなくてもできる仕事です。そもそも、コンサルタントは、〇〇〇について助言できる人という意味なので、何か得意なことがあって人の力になりさえすれば成り立つということのです。

下記に一般的に資格が必要なコンサルタントをタイプ別を紹介します。

①経営、戦略系コンサルタント

主に経営層を対象に、事業戦略、マーケティング戦略、業務提携や、業務の効率化、社内活性化の社内に至るまで、トップダウンする内容に対して立案支援のコンサルティングをします。従来からある基本的なコンサルタントはこれに当たります。大規模な改革が必要な場合に多いタイプになります。例えば、倒産しそうな企業の会社再生コンサルタントが良い例です。全てにおいてエキスパートということが必要とされます。

②財務会計系コンサルタント

経理的切り口から、監査という方的根拠を元に、企業の財務や税制処置に対応することで、経営の見直しをコンサルティングをします。上記で例に出した行政書士がこれに当てはまります。企業の健全化という意味合いが強く、企業の体力を見直すという意味合いが強くなります。

③業務系コンサルタント

業務内容の見直しや新規事業、業務効率化や働きやすい環境づくりなどをコンサルティングします。慣例を廃止し、業務の簡略化を促進する意味合いが強くなります。業務に対してもコストパフォーマンスの向上を図り、今までの非効率な業務を見直すことで、職場環境の改善にも役立ちます。

④IT系コンサルティング

データを管理するためや人件費を削減して仕事の効率化として取り入れるために必要な時代は過ぎ、セキュリティの強化、今までのサービスを顧客に移転するなど、社会の仕組みが変貌している中で、今、特に必要とされている分野のコンサルタントと言えます。今後も変わらず必要とされる分野といえます。

⑤人事系コンサルタント

人事制度、職業規定、従業員管理など人事に関するコンサルティングをします。ニュースでも取り上げられていますが、近年は、企業に代わって。部長研修、主任研修など、既存中間管理職以上の研修や教育を行うコンサルタントも多いですが、新人研修など、専門家に依頼することで効率的に教育する企業も増えています。また健康活動など社員自体の業務効率に目を向けなと内容も多様化しています。
この様に、作れば売れる時代ではない今、社会的ニーズに応えるには、企業として、トップダウンの体系自体では対処できなくなって来ていて、組織自体も多様化しています。たとえばグーグルやフェイスブックのように、全てが平等で、知恵を出し合う集団として組織わ持たない企業も増え、職務内容も常に世間が驚くことを開発することに意味を持たせている企業もあります。また、アマゾンのように、顧客の利益自体を最優先にし、多額の投資をして利益追求を後回しにすることで、巨大化させ、一大帝国をつくってしまった企業もあります。このことからも、外部の専門的知見から企業を見直し、企業改革する必要になってきことがわかります。また、働き方も多様化してきており、企業に属さず自分自信生かす方法で仕事を請け負う人も増えていて、その人をサポートする人もひつようとなってきました。つまり、働く側も社会的ニーズに合わせて変化しているのです。いまや既存の企業も、他の視点が加わえ、社内風土自体の見直し、社員のモチベーションわ高め、社員の意識改革が、営業への好結果をだすために、必要とされる時代ともいえます。今後もそれに合わせ、コンサルタントのニーズも増えていくことが予想されます。
MIKA